2018年秋季北海道大会を制したのは札幌大谷

既に来年2019年の選抜甲子園大会の切符はほぼ決定的で注目しています。

そこで今回はその中でも西原健太くんにスポットライトを当てて書いていきます。

中学時代は全国選抜で準々決勝進出したメンバーの一人。

エースで4番ということですが球速や変化球を中心に見ていきます!


スポンサーリンク

西原健太(札幌大谷)出身中学シニアは?

生年月日:2001年度生まれ
身長:
体重:
利き腕:右投右打
ポジション:投手
学年:2年
出身シニア:札幌大谷シニア

小学時代は赤平レッドレイズに所属しファイターズジュニアとして当時から注目されていました。

中学に上がり札幌大谷シニアでは日本リトルシニア全国選抜ベスト8。

この時はエース石井君と太田君の2枚看板で勝ち上がっていました。

札幌大谷では1年春から経験をつみ2年の春にはエースに成長。

本格派右腕として遂に甲子園大会に出場します。

西原健太(札幌大谷)球速と変化球

投球フォームは足をゆっくり上げ腕を振り下ろすように投げるオーバースローの投手。

多少コントロールにばらつきがあり高めに浮く傾向があるよう。

まあこれはどの投手にも言えることなんですが。

球速は予想として常時130km代半ば又は後半を計測していると予想。

変化球(球種)ストレート、スライダー、カウントをとるカーブ更に追い込んでからフォークを投げていると思っています。

力で押していくタイプなのでボール球が多くなってカウントを悪くするとバッター有利になってしまいますね。

ストレートは威力十分でそれを生かす変化球でカウントを取れると楽に投げれるでしょう。

西原健太(札幌大谷)打者としての才能は?

打者としても4番打者なので注目をされています。

構えからして力はそれほど入っていないように見えテイクバックは小さめ。

その代わりフォロースローがしっかりしているのでボールを遠くに飛ばすことができます。

ただし相手チームも彼を警戒しているのでまともに勝負はしてこないですね。

追い込んでから高めで誘ったり低めのボールで引っ掛けさせたり自分の形に思うようにできていないようにも見えます。

まあ投手なんで早いカウントからいくのはちょっとしんどいですけど甲子園大会では早いカウントから仕掛けてもいいかもです。

西原健太(札幌大谷)まとめ

北海道大会の滝川西戦では好投をしていた西原君。

駒大苫小牧戦と札幌第一戦では序盤に失点してしまい太田君にスイッチしているようですね。

本人として不本意だったと思いますが甲子園大会では挽回して欲しいです。

西原君はエースで4番なので彼が乗ってくれると札幌大谷はまず負けることはないと考えています。


スポンサーリンク