最近度肝抜かれるアートや芸術作品が多くなってきた今日この頃。

ジャンルを問わず本当にこれを作ったのかと疑いたくなる非常に高いレベルで、

見ている方はとても楽しいです(^^)

そんな中サンドアート世界選手権で見事優勝した日本人の保坂俊彦さんについて調べていきます!

スポンサーリンク


保坂俊彦の作品と経歴は?

保坂俊彦

【生年月日】1974年4月20日
【年齢】  43歳
【出身地】 秋田県
【大学】  東京芸術大学美術学部彫刻科

大学で彫刻の勉強を始め日本でも数少ないサンドアートに。

日本の大会のみならず世界で指導するほど業界では有名。

こう見るとかなりの実力者であったことが分かりますね~

では世界大会優勝した作品は何を作りこんだのでしょうか?

日本の色を出していかなくてはいけないと保坂さんは思ったハズ!

その優勝した作品がこちら

宮本武蔵を砂のアートで表現し細かい部分まで手を抜くことなく作りこんでいます!

またこの作品だけでなく数々の作品もあるので紹介していきます。

出典:http://iko-yo.net/articles/598

出典:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/08/news…

出典:http://blog.livedoor.jp/hana2014/archives/38198052…

当然その時の温度や砂の状態で作り方も変更していると思うのですが、

これはチームで作っているでしょうね!

またサンドアートを広める講師として子供たちに教えているようでした。

嫁も砂像彫刻家?子供は?

乙幡啓子

【生年月日】1970年9月21日
【年齢】  47歳
【出身地】 群馬県
【高校】  群馬県立桐生女子高等学校
【大学】  津田塾大学

保坂さんは結婚をされていて奥さんは乙幡啓子さん。

てっきり二人三脚で砂像彫刻家と思いましたが、どうやらライターさんのようです。

保坂さんが造った作品を乙幡さんが記事にして広める、これも二人三脚ですね!

ちなみにそのサイトは『デイリーポータルZ』。

過去の投稿を見てみるとしっかりと保坂さんの作品が載っていましたよ!

また二人の間に子供がいるのかも調べたのですが、確認できませんでした。

まとめ

世界大会で優勝したことで更に業界から引っ張りだこになるでしょうね!

何かの分野で一番というのはとても途方に暮れるほど大変で気の遠くなる作業だったと思います。

次になんの作品を創るのかとても興味が沸いてきました。

今後も飛び回る二人を注目していきます。

スポンサーリンク